海外生活

バンクーバーのルームシェア探しが意外と難航!気を付けるべきことと良いオーナーに巡り合う方法

2020年10月2日

バンクーバーに渡航する前、「ルームシェア」が安くて自由度が高くておすすめだよ!」と聞いていたので、

私は渡航一か月後にホームステイの家からルームシェアに移動するつもりでいました。

事前の情報によると、すぐに見つかると思っていたのですが、私の場合ルームシェア探しはかなり難航しました。

渡航して1か月後には住む家がない!と必死に探し失敗を繰り返した結果、なんとか無事に見つかることが出来ました。

今回は、ルームシェア探しで難航した経緯や気を付けたいこと、良いオーナーに巡り合える方法について、情報をシェアしていきたいと思います。

ルームシェアとは

ご存じの方も多いと思いますが、ルームシェアとは家の一室を借りることです。

キッチン・洗濯機・シャワー・冷蔵庫は共有スペースとして、住んでいるみんなで使い、部屋は自分の部屋を持つことができます。

部屋は、1人部屋、2人部屋などの複数人が同じ部屋に住むパターンがあり、1人1人鍵を家のオーナーから渡して貰えることが多いです。

ルームシェアの相場は1か月あたり450~650ドルとなっており、値段に応じて立地の良さ、部屋の広さ、綺麗さなどが違います。

ルームシェア探しが難航した理由

私の場合、6月の中旬からルームシェアを探し始めました。

しかし、夏は夏休みの長期休暇を利用して、短期留学でカナダに来る人も多い時期。

そのため、まず貸し出ししている部屋が圧倒的に少なかったです。

インターネットでルームシェアを探すのですが、連絡をしてみて返信があり見学の約束が出来ればまだお部屋が貸し出し可能。

なんとか私はお部屋が決まりましたが、その時は部屋の貸し出し数が少なくて本当に焦りましたが、運よく見つかりました。

私の周りでも、同じ時期はみんな必死に探していました。

もう少し早い春休みが終わるころ、夏休みが終わるころ、冬の時期がルームシェアを探すには最適だそうです。

お部屋を見つけることのできなかった人は、一時的にバックパッカーホテルに泊まったり、

友達の住んでいるオーナーに相談してみたりして見つける人も多かったです。

周りの人に普段から「今お部屋探しているんだけれど、良いところないかな?」と声をかけておくのも大切だと思いました。

というのも、妥協してお部屋を契約している人も多いので、いつでもお引越しできる準備・情報を持っていると安心ですよ☆

その他には、ルームシェアはあきらめて家を丸ごと借りてしまい、学校やアルバイト先で仲良くなった友達、気心のしれた仲間・友人で住むのもありだと思います。

ルームシェア選びで気を付けたいこと

1人で見学をしに行かない

海外暮らしが慣れている方であれば大丈夫だとは思いますが、初めて長期間海外に住むのであれば、部屋の見学に1人で行かない方が良いです。

女性であれば出来るだけ友達と一緒に行くことをおすすめします。

というのも、ネットで部屋の雰囲気をみて良さそう&綺麗そうに見えても、実際に行ってみるとあまり治安の良い場所でない場合がありました。

私も1度「入り口は怪しいし部屋は暗い、雰囲気もなんか変な感じ・・」というような、ちょっと怖い思いをしたことがあります。

オーナーの住んでほしい圧が凄くて、ちょっと断りにくかったことも。

その時ばかりは、忙しい合間に一緒に来てくれた友達に感謝しています。

友達と行けば、友達の意見も聞けます。

ミニマム1か月のところはあまりない

ルームシェアは、ミニマムという「最低何か月は住んでください」というルールが設けられています。

期間が最低1か月であれば最悪気に入らなかったら、1か月後にお引越しが出来るので安心ですね。

ですが、あまりミニマム1か月というところはなく、3か月、6か月のところが多かったです。

私はバンクーバーから違う都市に移動することを考えていたので、オーナーに話してみたら1か月で契約が出来ました。

よくよく聞いてみると、何か月も空いたお部屋だったみたいで早く誰かに貸し出ししたかったそうです。

確かにすごく狭い部屋でしたが、私的には立地も値段も好条件、オーナーもとても良い方だったので、本当に運が良かったです。

冷蔵庫の中や家電をチェックする

冷蔵庫を勝手に見るのは失礼かもしれませんが、冷蔵庫の中を見るとどんな人が住んでいるのか、結構よくわかります。

特にきちんと整理整頓ができる人なのか、共有スペースで独占してしまう人がいるか等、くまなくチェックしました!

私はオーナーに一言冷蔵庫をいても良いか断りを入れましたが、心置きなく見せてくれたので、とても性格の良いオーナーさんでした。

冷蔵庫の中まで見せてくれるのは、ルームに後ろめたい気持ちがない証ですし、レンタルする側に借りる判断をきちんと委ねてくれているというのが伝わってきました。

シャワールームをチェックする

カナダでは浴槽がなくシャワーだけ設置しているところが多いと思います。

どんなタイプのシャワールームなのか事前に見くと、入居してから驚くことはないと思います。

ここでも私は洗面所をきれいに掃除しているのかチェックしておきました!

また、一緒に住む人が日本人だとしても片付けのできない人・掃除のできない人と一緒に住むのは結構大変です!

こればかりは国籍は関係ないと思います。

2人部屋に住むのは良くない

1度2人部屋に入居したことがあるのですが、どんなに仲が良くても、まったく同じリズムで生活をしているわけではないので、自分のプライベートルームがないのは本当に大変でした。

私の友人も、立地条件や値段を優先して2人部屋に入居した人がいますが、みんな結局は1人部屋に引っ越しをしていたので、小さくても良いので1人部屋の確保は必要だと思います。

意外と引っ越しというのは、荷物がワーホリ1年分の荷物があったり、再度部屋を探したり、契約をしなおさないといけないことを考えると、結構手間も時間もかかります。

良いオーナーと巡り合う方法

こればかりは運としか言いようがないのですが、

もしシェアルームがなかなか決まらなくても、焦って決めないことが大切だと思います。

色んな部屋を見学して良いオーナーの特徴として、

  • 返事のレスポンスが早い
  • 待ち合わせした通りの時間に来てくれる(見学の時は必須)
  • 質問には言葉を濁さず答えてくれる
  • ルールが細かすぎない
  • 入居条件が面接方式ではないところ(合格した人にだけ連絡するね!というタイプも実際います)

が挙げられると思います。

また、自分たちのルームシェアのお部屋だけではなく、隣の家に住んでいる人たちの情報も聞いておくと良いですよ♪

私の住んでいるところは、一緒に住んでいる人たちはとても良い人達だったのですが、隣がとても賑やかでした☆

これからお部屋を探される方は、良いオーナーに巡り合えますように!

以上が私が実際に経験して感じたルームシェアの注意点、良いオーナーの特徴でした。

ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです♪

-海外生活

© 2021 チューリップブログ Powered by AFFINGER5